次男の忘れ物に対しての反抗期の長男の反応を受け、ついひとりごとを言いたくなった話。